高麗のめぐみの口コミ実体験

 

高麗のめぐみ

 

仕事や家事に忙しく、不規則な生活を送っているせいか、朝起きるのがつらいです。

 

20代、30代の頃は少々寝不足でも平気だったのですが、年齢と共に回復力が低下しているみたい。

 

お肌のくすみもひどく、年齢より老けて見られることが多いのも悩みです。

 

「なんとかしなくては」と思い、ネットであれこれ検索をしていて見つけたのが「高麗のめぐみ」。

 

紅高麗人参と黒高麗人参の2種類の高麗人参に加えて、プロポリスが配合されている点に魅力を感じました。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗のめぐみはハガキサイズのアルミパウチに入っています。

 

チャック付きのコンパクトなパウチなので、そのままカバンに入れて携帯しても邪魔になりません。

 

シンプルなデザインのパッケージは年齢を問わずに愛飲できそうです。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗人参はその薬効の高さから「漢方の王様」とも呼ばれているそうです。

 

健康だけでなく、美肌にも良いということで、高麗人参入りの韓国コスメもよく見かけます。

 

しかし、漢方専門店などで販売されている高麗人参エキスはとても高価で、1カ月2万円、3万円のものも珍しくありません。

 

漢方は続けることで体質を改善してくれると言われています。

 

どんなに体に良くても、お財布にきびしい商品では、続けるのはむずかしいですよね。

 

だからといって、「安かろう悪かろう」の商品で妥協するのはイヤ。

 

高麗のめぐみには紅参と黒参の2種類の高麗人参が業界トップレベルの300mgも配合されているんだそうです。

 

特に黒参は、高麗人参の有効成分の一つでもあるサポニンが紅参のなんと5~10倍も配合されているのだとか。

 

朝鮮王朝時代から王族しか口にすることができなかった貴重な高麗人参なんですって。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗のめぐみには紅参と黒参に加えて、プロポリスも配合されています。

 

近年、疲労の原因に活性酸素が深く関わっていることが解明されてきているそうです。

 

活性酸素はシミやたるみといった老化の原因になるだけでなく、あらゆる疾病の原因とも言われている物質。

 

この活性酸素を除去してくれるのが、体内に存在する抗酸化酵素。

 

しかし、抗酸化酵素は年齢と共に減少してしまうため、食事などで補う必要があるんだとか。

 

高麗人参に含まれるジンセノイドには高い抗酸化作用があり、体内で増え過ぎてしまった活性酸素を除去する働きがあるそうです。

 

また、プロポリスに含まれるフラボノイドにも抗酸化作用があるんですって。

 

もちろん、毎日の食事で抗酸化物質を摂取することができれば良いのは言うまでもありません。

 

しかし、仕事で疲れていたり、残業続きの時に食事のバランスにまで気を配るのはなかなか難しいものです。

 

そんな時に、頼りになるサプリがあるだけでも心強いですね。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗のめぐみの袋を開けると、漢方っぽい高麗人参の香りがします。

 

ちょっとクセのある香りですが、我慢できないような臭いではありません。

 

逆に、しっかりと高麗人参の成分が配合されているんだ、という安心感があります。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗のめぐみは、小粒のタブレットタイプのサプリです。

 

大きさは市販の頭痛薬と同じくらい。

 

1日の摂取目安量は2~4粒とのこと。

 

疲れが気になる私は、1日4粒いただこうと思います。

 

特に飲むタイミングなどは決まっていないようです。

 

一般的に漢方薬は空腹時に摂取すると、体内に吸収されやすいと言われています。

 

そこで私は、朝起きてスグに2粒、夜寝る前に2粒を飲むことにしました。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗のめぐみを飲み始めてスグに感じたのは朝起きた時の爽快感です。

 

目覚ましに起こされなくても自然に目が開いて「あれ?まだこんな時間?」といった感じ。

 

今までは、「えぇ……、もうこんな時間なの……」だったのに。

 

お陰で、朝ご飯をしっかり食べる時間も出来て、気持ち良く1日のスタートが切れます。

 

また、2週間ほど飲み続けているのですが、夜もスッとスムーズに眠れるようになった気がします。

 

高麗人参には血行を良くする働きがあると言われていますが、そのお陰でしょうか。

 

つま先がキーンと冷えてなかなか寝付けない、逆に足裏がカーッと火照って眠れないということも減りました。

 

美容に関する変化はまだ分かりませんが、続けると良い変化が期待できそうです。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗のめぐみを試してみる<公式サイトはこちら>