還元型コエンザイムQ10の口コミ実体験

 

還元型コエンザイムQ10

 

40誌を過ぎてから、いつもと同じことをしているつもりなのになんだか体が重い。

 

「最近疲れやすくて」と友達と話していたら「コエンザイムQ10がいいよ」とのこと。

 

早速、ネットで検索して良さそうだったのが、カネカの「還元型コエンザイムQ10」。

 

知花くららさんのTVCMでもおなじみですよね。

 

14日分のお試しが500円で販売されていたので、試してみることにしました。

 

 

還元型コエンザイムQ10

 

還元型コエンザイムQ10はハガキサイズのパウチに入っています。

 

他にも、コエンザイムQ10について詳しく紹介された資料が同封されていました。

 

コエンザイムQ10という名前は聞いたことがありましたが、どのような成分なのかは全く知りませんでした。

 

コエンザイムQ10はもともと、体内に存在する補酵素の一種なんだそうです。

 

体内の臓器や筋肉を動かすエネルギーの元となるATP(アデノシン三リン酸)の産生を促進する働きがあるのだとか。

 

さらに、コエンザイムQ10は老化の原因と言われる体のさびを防いでくれる働きもあるのだそう。

 

しかし、体内のコエンザイムQ10は20歳をピークに減少し始め、40代以降、急速に減ってしまうんですって。

 

コエンザイムQ10が不足すると、疲れやすくなったり、風邪をひいたり、体調を崩しやすくなったりしてしまうそう。

 

40代になってから、たまった疲れが抜けきらない私も、コエンザイムQ10不足かも。

 

 

還元型コエンザイムQ10

 

コエンザイムQ10には「酸化型」と「還元型」の2種類があるのだそうです。

 

酸化型コエンザイムQ10は、一旦体内に入ると、還元型コエンザイムQ10に変換されるのだとか。

 

だとすれば、あらかじめ還元型のコエンザイムQ10を摂取した方が、よりスムーズに体内で作用してくれそうです。

 

コエンザイムQ10の1日の摂取推奨量は30~100mgだと言われています。

 

コエンザイムQ10を食品から100mg摂取しようとすると、牛肉なら約3kg、イワシなら約15匹も食べなくてはいけないそうです。

 

いくら健康のためとは言え、さすがに毎日何キロものお肉を食べるなんてムリ。

 

カネカの還元型コエンザイムQ10には1粒に100mgの還元型コエンザイムQ10が配合されています。

 

1日に必要なコエンザイムQ10がたった1粒で摂取できるのはありがたいですね。

 

ちなみに、カネカは還元型コエンザイムQ10は全世界で約65%のシェアを占めているそうです。

 

世界で認められている品質の還元型コエンザイムQ10といった面でも、安心して毎日口にすることができます。

 

 

還元型コエンザイムQ10

 

カネカの還元型コエンザイムQ10は、1粒の大きさが1センチ大で、大豆程の大きさ。

 

ソフトカプセルなので、味や匂いもほとんど気になりません。

 

普段、サプリやお薬をほとんど飲まない人でも、飲みづらさは無いかと思います。

 

カネカの還元型コエンザイムQ10は、お薬では無いので、飲む時間帯について特に決まりはありません。

 

私は、飲み忘れないように、毎日寝る前に飲むことにしました。

 

 

還元型コエンザイムQ10

 

カネカの還元型コエンザイムQ10を1袋飲み終わりました。

 

飲み始めた翌日、いつもよりスムーズに朝起きられたことにビックリ。

 

仕事から帰っても、気分的なものか、テキパキと家事をこなせるような気がします。

 

今までは、家に帰ると疲労困憊で、夕食を作るのが苦痛でたまらなかったのに。

 

「今日はもう1品おかずを増やそうかしら?」なんて余裕があるくらいです。

 

偶然かもしれませんが、還元型コエンザイムQ10を飲んでいるお陰かな、と思いました。

 

なにより嬉しかったのは、娘に「お母さん肌が綺麗になったみたい」と言われたことです。

 

「小さな1粒でちゃんと効くのかなぁ」と思っていましたが、私には合ってたみたい。

 

残業が多くて、毎日お疲れ気味の主人も「そんなに良いのなら飲んでみようかな」と興味津々。

 

美容のため、健康のためにも夫婦でカネカの還元型コエンザイムQ10を継続しようと思います。

 

 

還元型コエンザイムQ10

 

還元型コエンザイムQ10を試してみる<公式サイトはこちら>