伊藤園 高濃度水素水の口コミ実体験

 

高濃度水素水

 

友人が水素水を飲み始めて、便秘や頭痛の悩みが減ったとのこと。

 

興味が湧いたので、早速私も水素水を試してみることにしました。

 

数ある水素水の中から、私が選んだのは「伊藤園 高濃度水素水」。

 

お茶でおなじみの伊藤園の商品ということと、「高濃度」という言葉に惹かれました。

 

 

高濃度水素水

 

伊藤園の高濃度水素水はゼリー飲料のようなアルミパウチに入っています。

 

大きさも、市販のウィダーインゼリーと同じくらい。

 

シンプルなデザインで、老若男女を問わずに愛飲できそうな水素水です。

 

水素水というと、「開封後は水素が抜けてしまうので、できるだけ一気に飲んだ方が良い」と言われています。

 

一度、アルミパウチ入りの水素水をいただいて飲んだことがありますが、お腹がちゃぷちゃぷになって、とても苦しかったのを覚えています。

 

いくら身体に良い水素が配合されていても、これでは身体に良いんだか悪いんだか、とその時は感じました。

 

私が、伊藤園の高濃度水素水が良いなと思ったのはとてもコンパクトなこと。

 

内容量は200mlなので、グラス1杯の水を飲むのと変わらないくらい。

 

これなら、ゴクゴクと一度に飲みほしても苦しくありません。

 

 

高濃度水素水

 

伊藤園の高濃度水素水はその名前の通り、水素の濃度が高いのが大きな特徴。

 

一般的な水素水はだいたい水素濃度が1.0ppm前後です。

 

しかし、伊藤園の高濃度水素水は1.9~2.5ppmの水素が充填されているのだとか。

 

残念ながらベースとなる水の種類(天然水、純水、水道水など)が記載されておらず、どのような水が使用されているのかが分かりません。

 

一方、同じ伊藤園でも缶入りの還元性水素水には「鹿鳴越山系の伏流水を使用」と明記されています。

 

恐らく、浄水器・整水器を通した水を使用しているのでしょうが、記載が無いのは少しもやもやしますね。

 

 

高濃度水素水

 

当たり前ですが、味は普通の水です。

 

実際に飲んでも水素の濃さを実感するとか、とりわけ美味しいといったこともありません。

 

軟水なのでクセがなく、スッと身体に浸みこむような喉ごしです。

 

飲みきりサイズなので、1日2パック、3パックとこまめに飲めそうなところも嬉しい。

 

採水地や水質(軟水・硬水など)にこだわりが無ければ、大人から子供まで美味しく飲める水だと思います。

 

コンパクトなので、カバンに入れてもペットボトルのようにずっしりと重みを感じることが無いのも良いですね。

 

 

高濃度水素水

 

私は、毎朝1パック、伊藤園の高濃度水素水を飲むことにしました。

 

何となく、朝一番の空腹の身体に入れると浸透も良さそうな気がしたので。

 

また、朝のうちに抗酸化成分を体内に入れておけば、その日一日、活性酸素から身体を守ってくれそうな気がします。

 

私は今回、お試し7本セットを購入したのですが、1週間飲み続けて特に劇的に身体が変わったという実感はありませんでした。

 

正直「期待したほどでもないな……」なんて思っていたんです。

 

しかし、水素水を飲むのを止めると、何だか朝、身体がだるい、重い。

 

おまけに、それまでスムーズだったお通じも滞りがちに……。

 

「効果無い」って思っていた水素水が実はちゃんと効いていたのかも。

 

次回はもっとちゃんと継続して飲み続けてみようと思います。

 

 

高濃度水素水

 

伊藤園 高濃度水素水を試してみる<公式サイトはこちら>